古きと新しきが融合する街|松尾建設で若旦那も満足気な顔に|世代別のプラン

松尾建設で若旦那も満足気な顔に|世代別のプラン

家の模型

古きと新しきが融合する街

外観

魅力あふれすぎる街

京都、日本人なら1度は住んでみたいところでしょう。海外の人ならなおさらかもしれません。現代と融合しながら古都1000年の歴史を味わえる。そんなところ世界中探してもなかなか見つかりません。そんな京都で住宅を建築しようと思っていらっしゃる方、特に注文住宅を建てよう思っているなら建築規制について知っておく必要があります。京都は景観保持の観点からこと細かい景観基準を定めています。建築基準がすべての地域に同じものが適用されるのではなく、地域ごとにその景観を可能な限り保持していくために定められておりますので注文住宅を建てようとする場合、自分が建築しようと思っている注文住宅がどの地域であれば基準をクリアできるかどうか知っておくことがとても大切です。

価値を見いだす

もし住みたいと思っていた地域に自身が建築しようと思っていた注文住宅が基準をクリアしていればいいですが、そうでない場合は建築地域をかえるか、それとも注文住宅を基準をクリアするように変更するかしなければなりません。また注意しなければならないのはそれだけではありません。京都には昔から住み続けている人が多い地域が点在しております。したがって、いくら基準をクリアしたといってもその地域にそぐわない住宅を建築することは、すでに長い間暮らしている住民との間に問題を抱える火種になりかねません。そうなってしまうと建築はしたものの、暮らしていくことが困難となってしまい、元も子もなくなってしまうので慎重に進める必要があります。それらを考慮しても1000年の都、京都に注文住宅を建築し、暮らしてみることは価値があることだと多くの日本人は考えるでしょう。